• ホーム
  • ベクタービューの『おもい』
  • サービス
  • 制作実績
  • 料金について
  • よくある質問
  • 会社案内
  • Vjvスタイル

Vjvスタイル

Vjvスタイルの一覧

2013年10月22日

ブログコーナーをしばらくの間、クラウドフィッターにいたします。

 

ブログコーナーをしばらくの間、クラウドフィッターにいたします。

 

こちらへ移動してください。

 

 

2013年5月9日

「Google Now」がiOS版Google検索で利用可能に・・・しかしGoogleAppsの場合は?

「Google Now」がiOS版Google検索のアップデートで利用可能になったらしいので、iPhoneを見てみるとAppStoreでアップデート可能になっていました。

さっそくアップデート。


アップデート完了後、さっそく使ってみようとすると・・・

「Google Now は利用不可・・・ドメインの管理者はGoogle Nowを有効にしていません。個人用のGmailアカウントでお試し下さい。」

 

あれれ・・・


調べてみると、GoogleAppsの管理画面で設定が必要のようです。



  1. GoogleApps管理画面へアクセス
  2. 「設定」-「モバイルの設定」へ移動
  3. 「組織の設定」-「Android の設定」へ移動
  4. 「Google Now を有効にする」をチェック
  5. 「変更を保存」をクリック
 
 

GoogleAppsアカウントを使用してGoogle検索にログインする場合は設定が必要のようです。

一度お試し下さい。

2013年4月25日

リニューアルから4ヶ月が過ぎ・・・

【お客様サイト名】  株式会社シチジョウ様:大阪府大阪市

【URL】 http://www.onaoshi.jp/

リニューアルから4ヶ月が過ぎ、ご担当者様が沢山の情報をアップされております。
 

洋服のお直し(洋服修理)は大変奥が深く、
「こんな修理もできるんですね!」
と感動することも多く・・・
 

特に最近では熟練の職人技を動画にする現場に立ち会わせていただき、
感動と同時に、
続けることの大切さ
積み重ねることの大切さ
妥協せず面倒くさがらずに常にベストをつくすことの大切さ
気持ちは年齢ではないこと
モチベーションを保つ秘訣

などなど・・・
沢山のことを学ばせていただきました。

 

ホームページの運営サポートを通して、
弊社がレクチャーさせていただく中で、
反対に教えられ、学ぶことが多く、
これからも人との出会い、つながりを大切に、
後悔しない人生を歩んでいきたいと思います(^^)/

2013年4月24日

アクティブサポートって何?
グーグルリーダー終了が決まってからの情報収集には、今のところFeedlyやGunosy、Googleアラートを使っていますが、不幸中の幸いと言いますか、今までより情報収集を意識するようになり、なかなか良い感じです。

今日は「アクティブサポート」について情報を得たのでご紹介します。


自分がウェブサイト運営のサポートを仕事にしているからでしょうか、「サポート」というフレーズに敏感に反応します。

従来のサポートと言えば、私の場合は主にご契約企業様からのメールや電話での問い合わせに都度つど対応することになります。

基本的に受け身です。


もちろん、できるだけ受け身にならないよう、契約内容によっては想定し得る問題に対し、こちらから積極的に提案しサポートしています。


ここで言う「アクティブサポート」は私が行っているサポートとは違うようです。


Twitterアクティブサポート入門
「疑問や不安、ときには不満を抱えている消費者をソーシャルメディア上で発見し、企業自らが能動的に、彼らに直接語りかけることで問題解決を図るもの。」


なるほど。


では、具体的に企業がどのように取り組んでいるか知りたいところに・・・Googleアラートからお知らせメールが届きました。


アクティブサポート事例~ユーザーインタビュー「KDDI株式会社」
https://www.youtube.com/watch?v=9uaJtuZgZuc

KDDIで行っているツイッターによるアクティブサポートについて分かり易く動画が公開されています。

「社名や商品名、サービスに対するキーワード」と「ネガティブキーワード」を掛け合わせて「つぶやき」を抽出しコミュニケーターに自動的にアサインし、コミュニケーターが解決策を回答していく仕組み。


このような仕組みを小さな会社が導入できるかと言えば難しいですが、近いことは出来るかもしれません。

今後、アクティブサポートについて少しずつご紹介したいと思います。


また、今回はGoogleアラートから得た情報を元に「アクティブサポート」の事例へアクセスすることができました。

情報収集には様々なサービスが提供されていますので、「情報収集」についても今後ご紹介したいと思います。


2013年1月10日

コアな人間関係を築く

表面上の人間関係は、良いように見えて、実は大きな落とし穴が沢山ひそんでいます。

人は一人では生きられない・・・

ただつながるだけでなく、人と良い関係を築けると、それが自分自身の自信につながり、
より充実した生活と、成功への道が何倍にもふくらみます。


お仕事上は、コアな部分に触れたくない、表向き良ければそれでいい・・・と考える方がほとんどだと思います。

が、私は自分自身の仕事上の体験から、より当を得たお仕事をしようと思うと、
コアな部分を知っているのと知らないのとでは、結果が全く違ってくると実感しています。



以前、NHKの番組のコロンビア大学の白熱教室で、
「選択」を研究テーマとした講義を聴き、より確信を得た気がします。


お客様とコアな人間関係を築こうと考えると、コミュニケーションスキルをみがくことが大前提ですが、
まずは、お客様の立場に立って、物事を考えてみることが重要です。


白熱教室でも語っておられましたが、果たして自分自身の価値観や考えが常に正しいと言えるでしょうか?


人それぞれ、文化や育ってきた環境により、価値観や考え方は全く違ってきます。


では、どのように価値観や考え方の違う人達とお仕事していくか・・・


それは、相手を理解し、よりコアな部分まで理解し、そして自分自身の価値観や考えを上手く伝え、
お互いに調和をとりたいと思える関係を築くことです。


まずは恐れず、コミュニケーションをとること・・・手段、方法はいくらでもあります。
失敗を恐れず、いろいろ試してみましょう!
失敗は成功のもと!失敗を成功に導きましょう!


一つアドバイス。
コミュニケーションには「表情」や「身だしなみ」という第一印象が大変影響されることを意識する。
やはり、見た目は大事です  


もう一つアドバイス。
より良いコミュニケーションを取りたいと思った時に、「言葉」はやはり一番重要です。
同じ意味の言葉でも「マイナスイメージの表現」と「プラスイメージの表現」があります。
「プラスイメージの表現」を使いましょう!
ちょっとした工夫や表現の違いで、コミュニケーションの取り方が全く違ってきます。
当然結果も、全く異なります。


ホームページ制作・運営も同様です。
今一度、貴社のホームページをじっくりとご覧下さい。


お客様とより良いコアな人間関係を築けるような、第一印象のデザイン、内容になっているでしょうか?
 

2013年1月7日

人を思う心が全て自分に返ってきます。

言い訳、責任逃れ、自分勝手、悪口、私の嫌いな言葉ばかり並べてみました。書くのも嫌な言葉です。
「なんで言い訳するんだろ」
「なんで人のせいにするんだろ」
「なんで人の悪口を言うんだろ」
「いったい自分を何様だと思っているんだろ」
人間なんて宇宙からすると本当にちっぽけなものです。

理科が得意だった私は、子どもの頃、無謀にも宇宙飛行士になりたいと思っていた頃がありました  8-O 
その頃は、ブラックホールやらホワイトホールやら宇宙に関する本を読み、
「宇宙飛行士ってどんな勉強をしたらなれるんだろ」と調べてみたりもしました。
そんな中、夏休みの自由研究で友達と「アリの学習能力」の実験をしていた時に、
「宇宙からしたら人間なんて、このアリのようなものかしら」と思ったりもしました。

あるアンケート結果・・・
嫌いな上司の第1位は「責任から逃れようとする」が全体の7割。
続いて「口ばっかりで、行動を起こさない」「理不尽なことで叱る」
「こちらの話を聞かない、自分勝手」「嘘をつく」「部下の手柄を横取りしようとする」
の順。
好きな上司の第1位は「リーダーシップがある」で、こちらも全体の7割。
続いて「最後にはきっちり責任を取って部下を守ってくれる」「決断力がある」
「気軽に話しかけて、気遣ってくれる」「マネジメント力が高い」
の順。

嫌いな上司と好きな上司の違いは、いったい何なのでしょうか?

人を思う心の違いだと、私は思います。

きっと嫌われる上司の方々は、無意識のうちに、いろんな言い訳を考えて、自分の身を守ること、自分が楽をすることを考えています。
反対に好かれる上司の方々は、これもまた無意識のうちに、周りの人全てが幸せになる為に、いったい自分は何が出来るかということを常に考えて行動しています。

無意識を意識すること・・・実はこれが、大変重要です。
無意識を意識できるようになったら、自分自身が変われます。それと一緒に周りの人々が変わってきます。
無意識を意識するには、思うがままに書いてみることで、何かしらが見えてきて、
いろんな物事がつながってきます。

思いを書いてみて下さい。

そんな時に、ブログやツイッター、Google+などなどのSNSは大変便利で有効です。

2012年12月25日

筋を通すということ・・・

「筋を通す」ということに人一倍のこだわりを持つ私。
今の私があるのも、このこだわりのおかげかもしれません。

ホームページ運営もこのこだわりが、実は大変重要なポイントです。
「筋を通す」ということは、「自分が話したことと実行することが一致する」ということ。
筋が通っていないと人は信用しません。
営業も同じことです。 売りたい気持ちが前に出すぎて、筋を曲げてしまう方がよくいらっしゃいます。

ホームページ運営もそうです。
ホームページ運営は「お客様に思いを伝える」こと、
そして「お客様に価値あるサービスを提供し満足していただく」ことが目的です。
なので、まずは貴社内部でサービス内容を再考するのに最適のツールでもあります。

改めてホームページ上で自社のサービス内容を公開しようとすると、
自ずと今まで不明確であった部分が見えてきます。
そこで虚像を作り上げるのではなく、真っ向から自社サービスと向き合い、
「お客様に価値あるサービスとは?」
「自分たちにできることは何か?」
「お客様に満足していただけるサービスとは?」
「お客様に見込み客からリピーター、信者客になっていただくには、どのようにしたら良いか?」
が見えてきます。

Vjvでは、コーチ資格を持つサポート担当者が、そのお手伝いもさせていただきます。

2012年11月25日

素晴らしいお手本となる上司との出会いは、一生の宝です。

素晴らしい上司との出会い…
自分自身の秘めたる才能を発揮する為には、できるだけ早くお手本となる尊敬できる人物に出会い、
徹底的に「まね」をすることです。

私は前職で、本当に尊敬すべき沢山の上司に出会い、恵まれた環境でお仕事させていただきました。
今のお仕事を自信を持ってやっていけるのも、前職での経験があったからこそだと思っています。
尊敬できる上司に出会えない人は、どうすれば良いか…最近よく考え込みます。

人間は一から全てをやろうとすると、途方もない労力と時間がかかります。

お手本となる人のまねをするだけで、短時間で、どんどんレベルアップできるのです。
ただ、お手本となる人物「本物」を見つけられるかどうか…
もし「偽物」だったら…
中途半端な「偽物」のまねをしたところで、きっと同じように中途半端な人間になってしまいます。

自分自身で、この人は「本物」だという人を早く見つけましょう!
見つかったら、徹底的にまねをしてみましょう!これが一番の成長への近道なのですから…

ホームページ運営も同じです。
まずはライバルを徹底的に分析するとともに、お手本となるホームページを見つけ、
良いところをまねしてみましょう! 
そして、独自の強みを加えていけたなら、きっと目標は少しずつ達成されていくことでしょう! 

2012年10月25日

「言い出しっぺが損をする企業体制」になっていませんか?

社員が、意見を活発に出し合える環境を作るには、
1.管理者が率先して実践する
2.言い出しっぺが損をしないサポート体制を整える
この二点を実践する必要があります。

日頃から、管理者の言動と行動が一致していなければ、社員からの信用は得られません。
そうなると、当然、社員は、「意見を言って、会社を良くしよう!」と言う気になりません。

ファーストペンギンのように、管理者は、誰よりも先に凍った海に飛び込む勇気と実行力を社員に見せなければ、誰が、管理者に続いて、飛び込もうと思うでしょうか?

そして、もう一つ大切なこと。
「言い出しっぺが損をしないサポート体制を整える」

「そう言うなら、君がやってみたまえ」
と上司に言われた社員は、どのように感じるでしょうか?

ファーストペンギンになるはずの上司が部下にファーストペンギンになれと言っているようなものです。
当然、その後、誰も意見を言わなくなります。

なにより、勇気を持って発言した社員は、主体性があり、
組織全体を活性化させることのできる重要な存在なのに、
出る杭を打つようなことを、決してしてはいけません。

まず、せっかく出てきた意見を歓迎する。

次に、業務改善につながる意見や提案であれば、それを実行することによって発生するであろう問題点を洗い出し、極力、もめ事が起こらないように、体制を整える。

それが出来なければ、管理者の資格はありません。

必要であれば、予算、時間、人的補助を与え、当然のことながら、管理者は、その社員を全力でサポートしていかなければなりません。

これは、ホームページ運営にも顕著に表れます。

コミュニケーションの良い会社、チーム力の強い会社は、ホームページとリアル企業・店舗との差は、ほとんどありません。
お客様のイメージ(ホームページ)通りの、接客応対であると、お客様は安心し、信頼して下さいます。

また反対に、コミュニケーションが上手くいっていない会社が、ホームページ運営をきっかけに、話し合うようになり、チーム力が高まり、お客様の信頼を勝ち得るケースが見られます。

ホームページ運営を、きっかけに、強い会社を作ってみませんか?

2012年9月25日

とても簡単!CMSサイトの管理画面

私どものお客様は、大抵、自分自身でホームページの更新なんて出来っこないと思い込んでおられます。
ところが、管理画面をご覧いただくと、その不安感も一掃され、断然やる気になっていただけるのです。
ご参考まで、管理画面のキャプチャー画像の一部をご覧下さい。

 

ご利用いただくシステムによって、若干違ってきますが、基本的に、操作手順は同じです。

 

弊社では、お客様独自の管理画面マニュアル作成も承っております。
またサポート体制も整っており、訪問レクチャーから電話やメール、スカイプサポート等々、お客様のご要望に応じたサポート体制を整えます。
故に、お客様に寄り添いながら、お客様の顔であるホームページ、24時間働き続ける営業マンであるホームページを育てるお手伝いができるのです。

2012年8月25日

「継続は力なり!」

CMSとは、コンテンツマネジメントシステム(Content Management System)の略称で、コンテンツ管理システムとも呼ばれます。

ホームページを作成し、運用するには、HTMLファイルや、それを保存するディレクトリ構造などについての知識が必要でしたが、CMSサイトでは、技術的な知識がなくても、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、簡単にページ作成し、情報発信できます。

便利な時代になりました。

弊社のお客様には、主にMovable TypeとWordPressを御利用いただいております。

どのようなシステムを利用するにしても、一番大切なのは、情報発信し続けること・・・

「継続は力なり!」です。

小さな努力の積み重ねが、目標達成へとつながります。

このブログでは、手軽に操作でき、気軽に情報発信できるCMSサイトについて、語っていきます。

もちろん、日常のお客様サポートの中で発生する事例もご紹介!ご期待ください。