ウェブサイトの内容充実って、具体的にどのようにするのですか?

「ウェブサイトは作って終わりではありません。 育てるものです。」と、よくお話します。
会社や店舗の情報が日々更新されると、ウェブサイトも情報が日々更新される・・・自然な流れです。
ここを理解されないとウェブサイトは更新されないままで内容が充実しないで放置され続けます。

ウェブサイト制作当初は、まとめておいたサービス内容・事業概要・交通アクセス・・・など「会社案内パンフレット」に近い内容だと思われます。
「こだわり」「他社との違い」をアピールしていることでしょう。

しかし、当初思っていたほど自社のことは伝えきれてないものです。
かなり時間と労力をかけてまとめた内容でもお客様の視点からすると分かり難いことがあるはずです。
そこのところを修正したり新しくページを作ったりして、自分たちが伝えたい内容を補充していきます。

お客様に分かり易く伝えるには・・・と思案し、社内で議論している間に、自分たちがサービス内容を十分理解していなかったり、社長を含め上位の者が何を望んでいるのか初めて理解できることがあります。
社内で共通の理解や「思い」を得ることで従業員の満足(ES)は向上し、サービスの質が良くなり顧客満足が向上します(CS)。
その結果、伝えたい内容を十分理解した上で内容を修正しページを増やすことができます。

お客様の視点にたって、ウェブサイトに掲載している内容が分かり易いか検証してみましょう。
担当者ひとりで抱えこまず、上位の者をふくめ議論できる場があれば良いですね。

ウェブサイトの中ではFAQを充実させましょう。
お客様が知りたい内容をお客様の視点で考えて答える(会社として共通の認識)。
ESとCS、そしてホームページの内容が充実していきます。

FAQの充実を契機に不足しているコンテンツ(内容)に気づき、既存のページの修正や新しいページを追加していくことになるでしょう。
まさに、内容の充実です。

ベクタービューでは社内でFAQを追加・更新できるシステムを提供しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。